刺し子キットで日本の伝統工芸に触れよう!

→Home

東北地方で厳しい寒さを防ぐための防寒や、着物などの補強として用いられていた「刺し子」。
昔の人々が毎日の暮らしの中で生み出された生活の知恵のひとつです。
近年、この刺し子が再び注目され様々な商品に取り入れられています。
こちらでは、刺し子の魅力や人気の刺し子キットについてご紹介します。

刺し子の魅力

幾何学模様が特徴的な「刺し子」。カラフルな西洋の刺繍とは違い、そのほとんどが一色の糸で刺していく刺し子は、シンプルで控えめなのに、見る人を惹きつける魅力があります。

現代のナチュラルテイスト家具とも相性バッチリです。刺し子の図案のひとつひとつに、魔除けや豊作、健やかな成長などの意味が込められており、それを願いながら一針一針刺していくのも魅力の1つだと思います。

現代における「刺し子」

本来は、防寒や補強として用いられていた刺し子ですが、現代ではクッションカバーやバッグ、コースターなどに刺し子模様が取り入れられています。

伝統的な模様以外にもオリジナルの図案を考えハンドメイドを楽しんでいる方も多くなっています。

真っ直ぐ縫っていくだけの簡単な方法の刺し子は、高齢者施設などでリハビリの一環としても楽しまれています。

初心者には「一目刺し」がおすすめ

最近では、日本の伝統工芸に気軽に触れてもらおうと刺し子のワークショップや刺し子キットが販売されています。その中でも、初心者でも気軽に楽しめるのが一目刺しです。

一目刺しは刺し子の技法の1つで、縦、横、な斜めと一定の針目で刺していくというものです。
皆さんも、日本の伝統工芸のひとつである「刺し子」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

「わらべすく」では、刺繍用布と刺し子糸、刺し方説明書がセットになった一目刺しの刺し子キットを通販にて取り扱っております。また、長野県大町市の店舗にて刺し子教室も行なっておりますので、ぜひこの機会に、伝統工芸品を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?