刺繍用布の種類と特徴について

→Home

ハンドメイド製品が世の中に浸透してきているので、刺繍の技術を習得し、様々なハンドメイド製品作りに挑戦したいとお考えの方もいらっしゃることでしょう。もしも刺繍を始めたいとお考えであれば、伝統的な「刺し子」はいかがでしょうか。
こぎん刺しや菱刺し、庄内刺し子など、民芸文化財として認められている刺繍技法、刺し子は有名で、わらべすくでも様々な刺し子の作品を制作しております。

刺し子の技術を習得することで、洋服や小物、ふきんやバッグなどの様々な製品を手作りすることができます。
基礎知識を身につけてから始めることで、作業をより円滑に進められるでしょう。わらべすくでは、刺し子の練習用に刺繍用布を使用していますので、刺繍用布の種類と特徴を紹介いたします。

ジャバクロス

刺繍用布に多く使用されているのがソフトな手触りが特徴のジャバクロスです。ブロック織りになっており、縦方向と横方向にマス目が整っています。アイーダと比べると目数はやや粗めで、肌に直接触れる製品作りの素材に最適とされています。

コングレス

針がすんなりと通るので刺しやすく、布目が数えやすいので目を拾う必要のある刺繍に適した平織り布です。折り目が崩れることもなく、刺繍布として一般的に使用されています。

アイーダ

基本的に固い手触りで、糊がきいている感じのさわり心地です。布目がきっちり整っている為、初心者用の刺繍用布に最適です。綿やレーヨン、麻など、使用される素材もバリエーション豊かです。

全ての刺繍用布に共通しているのが、針を入れる位置を把握しやすく、折り目が数えやすいという点です。手芸初心者でも縫いやすいような工夫がなされたキットも販売されています。

刺し子の世界に足を踏み入れてみたい方は、わらべすくで刺し子キットをご購入ください。「籠目・小花刺し・花亀甲」の作成キッドやジャバクロス中黒を使った刺し子キットを通販で提供しております。

刺繍用布・刺し子糸・刺し方説明書がセットになった一目刺しの刺し子キットも販売しております。初めての方でも挑戦しやすいキットとなっておりますので、刺し子の魅力に触れてみたいという方におすすめです。

「あづみの木綿」、「遠州綿紬」を使用したオリジナルウェアや、エプロンも販売している他、刺し子教室の運営も行っております。