日本三大刺し子の特徴とは

→Home

「青森県南部の菱刺し」「津軽のこぎん刺し」「山形県庄内の庄内刺し子」は、日本三大刺し子で、どれも寒さの厳しい地域が発祥地となっております。そんな豪雪地域で生まれた日本三大刺し子には、それぞれどのような特徴があり、どのような存在だったのでしょうか。

こぎん刺し

江戸時代後期に始まったこぎん刺しは、多様性と対応性を備えた幾何文様が特徴的で、その構成美は人と違う文様を着るために生まれ、現代デザインに通じるものがあります。縦糸を奇数に拾いながら織り目に刺す技法のこぎん刺しは、婚礼道具の制作にも用いられた技法とされています。

菱刺し

こぎん刺しと対照的な菱刺しは、偶数の目を数えて刺していく技法となります。こぎん刺しと比較すると、色付きの毛糸や糸が使用されるため、華やかな雰囲気があります。江戸時代、娘が嫁入り先に不自由のないように親が子に技法を教え、裁縫の上達に努めたとされています。

庄内刺し子

花十字、うろこ刺し、そろばん刺し、太目つなぎなど、庄内刺し子の基礎差しパターンは豊かです。仕事着を作る時に用いられた技法として知られています。この技法で作られた着物は保温性が高く、サシコソデナシやサシコジバン、サゴリなどと呼ばれ、作業をする農民たちを東北の厳しい寒さから守りました。

寒さ対策として裁縫に用いられたり、人々のおしゃれ心を満たしたりと、刺し子の果たした役割は様々です。日本に古くから伝わる刺繍技法の刺し子は、藍色の木綿布と白い糸を使って行うのが主ですが、近頃は使用される布や糸のカラーバリエーションも豊富になってきています。日本の伝統民芸である刺し子の技術を習得し、魅力的な製品を手作りしてみませんか。

長野県大町市の刺し子教室をお探しの方がいらっしゃいましたら、わらべすくをご利用ください。都合の良い時に受講可能な一回会員制と、時間と回数を問わずに受講いただける月会員制を設けております。初めての方でも手軽に始められるように、庄内刺し子の技法を使った刺し子作成キットの販売も行っております。